解雇予告手当の知識・請求方法


会社が倒産した時の解雇予告手当について
あってほしくない倒産、もしその時が来たら。
解雇予告手当の計算方法とは
大事なことなので正しい金額を知ることが予備の知識として重要です。
懲戒解雇されると失業保険はもらえるのか
あってはならないものですが失業保険は条件付きでもらえます。
労働基準監督署とは何を監督するところか
労働に関することは相談することができます。
労働基準法第20条【解雇予告】とは
労働基準法第20条に労働について知識が記述されています。

パートでも解雇予告手当はもらえるの?

不幸は突然起こるものです
パート勤務で突然クビにされた、、、というケースは珍しくはありません。 真面目に業務に取りこんでいたにも関わらず、突然の驚くような予想外の宣言をされた当時者は今後の生活に支障を来たします。 「パートやアルバイトでも、解雇予告手当は貰えるのでしょうか?」 このような質問や相談もネット上で良く見かけますね。 パートを辞めさせたり首にするときの予告と言っても、さまざまなパターンとケースがあるようですので知識として把握しておきましょう。
例えば、

①突然「明日から来ないでください」と言われた。

②夫の扶養範囲内でパート勤務。 1年以上勤続しているが、ある日唐突に「今週中で結構です」のような内容を言われた。

③引越しの予定が決まったため、事前に引越し前月で退職の希望を伝えて了承してくれた。 その後、突然上司に呼ばれ「本日付で解雇」を宣言された。

④パート勤務で1年勤続。
突然上司から、「業務進行の妨げになり周囲が困っている。1カ月後に辞めてもらう」と宣言。 どうやら人間関係の何らかのトラブルで、メインのリーダー格の同僚が相談者の悪口を日頃から上司に吹聴している様子。

2ヶ月以上の継続勤務契約が必要

条件があります
知識としてはいずれのケースも、共通するのは勤続1年以上真面目に業務に遂行し、勤務継続の意思があるが故の突然の解雇宣言に驚愕している点でしょう。 労働基準法第20条では、使用者が労働者を辞めさせる場合は、少なくとも30日前までに予告をする、若しくは30日分以上の平均賃金を解雇予告手当として支払うことが定められています。 ①、②の30日未満の予告のケースでは、使用者側の事由が不明ですが、不況の折の人員削減のためのだとしても、30日前までの解雇予告及び、手当の支払いが必要です。 解雇とは、使用者側が一方的に従業員の仕事や生活費を奪うものであり、勤務しているスタッフの生活に与える影響は測り知れないものです。 辞めてもらうための宣言をする使用者は、労働基準法第20条に従い、解雇予告手当の手続きを行う必要があります。 これは、雇用形態に関わらず、パート・アルバイト・派遣社員・契約社員・外国人労働者問わず全ての従業員に適用されます。 ※なお、下記のような場合は予告そのものが適用されませんので知識として身に着けておきましょう

・試用期間中・・・14日間

・4ヶ月以内の季節労働者

・2ヶ月以内の契約期間の労働

・1ヶ月以内の日雇い労働者

要するに、2ヶ月以上の継続勤務を契約した労働者は、解雇予告手当を受領することが出来るのです。

しかし、フルタイムではなくイレギュラー的な週3日勤務や、時間が短いパートなど、月就労日数が少ない場合には、平均賃金が少ないことは仕方ありません。(※解雇予告手当の計算方法を参照。) このようなケースでは知識として、「賃金総額をその期間中の働いた全ての日数で割った額の6割」という最低保証が定められており、原則と比較して高い方の金額を適用します。 使用者が従業員を悪い言い方をすれば首にするには正当な理由があるかどうかについて重要となり、慎重に検討されます。 パート契約期間の途中で、基本的には宣言をするには「止むを得ない事由」が必要と民法で定められています。 不況の折の人員削減のためとしても、出来るだけ即時は避け、期間満了まで雇用した上でのを優先するべきでしょう。 このようなケースでも、解雇予告手当は支給されるのでしょうか。 今すぐに辞めるつもりはなくても、将来的に考えているのであれば準備や知識を用意しておくことに越したことはありません。 もちろんシチュエーションや状況によって様々ですが、何かしらの痛みやストレスや精神的苦痛を抱えているのであれば長続きはしないでしょう。 また社会人として、無断で急に行かなくなってしまったり音信普通になってしまうことは少なからず、一度でも縁があって勤務をさせてもらった場所に失礼です。 たとえ何があったとしても恨みや妬みだけでそのような行動をしてしますのはどちらが絶対に悪いという水掛け論ではなく、自分のライフスタイルにとってマイナスしかありません。 その時点ではすっきりしたとしても、次第に後悔をしてしまったり、反省をしてしまうのが一般的です。

先頭へ